一般社団法人 日本臨床神経生理学会

学会について

設立の目的・沿革

設立の目的

 脳から脊髄、末梢神経、筋に至る広い範囲の機能とその病態を、生理学的に研究している人々の集まりで、人間の健康上の諸問題に直結した臨床的な分野と、脳・神経・筋の機能解明のための基礎的な分野が一体となって、ヒトの神経系を中心とする複雑なシステムの研究を推進している。

沿革

 昭和46年12月13日に、日本脳波学会と日本筋電図学会とが合同して、日本脳波・筋電図学会が設立された。平成12年1月1日には学会の名称が日本脳波・筋電図学会から日本臨床神経生理学会に変更され、2004年(平成16年)4月1日に有限責任中間法人日本臨床神経生理学会として登記された。 2008年(平成20年)12月1日に、「一般社団法人日本臨床神経生理学会」に変更し、現在に至っている。

会員数 3,451名(2016年9月30日現在)

正会員 3,218名
学生会員 155名
名誉会員 39名

※上記のほか購読会員と賛助会員で構成されます