日本臨床神経生理学会 日本臨床神経生理学会
トップページ(検索)へ戻る
日本臨床神経生理学会について
役員・委員会・名誉会員
学会誌
学術大会、技術講習会
学会からのお知らせ
認定制度
ガイドライン、委員会報告
学会賞・優秀論文賞
国際臨床神経生理学連合
各種学会・研究会、国際学会・研究会
研究費公募・助成金、募集
外部リンク
会員用サイト
人情報保護について
連絡先、諸手続
更新記録





第38回 バイオメカニズム学術講演会(SOBIM2017 in OITA)
〜身体の構造・機能を補填・補完するバイオメカニズム〜

主催 バイオメカニズム学会
会期 2017年11月4日(土)・5日(日)
会場 別府国際コンベンションセンター B-con Plaza
〒874-0828 大分県別府市山の手町12-1
Tel:0977-26-7111 FAX:0977-27-7100
問合先 第38回 バイオメカニズム学術講演会運営事務局
株式会社マイダスコミュニケーション内 大分市古国府1155-1

計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム2017


SICEライフエンジニアリング部門シンポジウム(第32回生体・生理工学シンポジウム)
主催 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門
日時 平成29年9月4日(月)〜6日(水)
会場 岐阜大学 JR岐阜駅前サテライトキャンパス
(岐阜市吉野町6丁目31番地 岐阜スカイウイング37東棟4階・JR岐阜駅から連絡通路を通り徒歩5分)
参加費 参加費には論文集代が含まれます(すべて消費税込)
  • 一般 15,000円
  • 学生  5,000円
事前割引、主催・共催・協賛学会割引などの設定がございます。詳しくはウェブサイトをご覧ください。
問い合わせ先 le-symposium[at]sice.or.jp ([at]を@にして下さい)
ウェブサイト http://www.sice.or.jp/org/le-symposium/2017/

第25回 バイオメカニズム・シンポジウム in 旭川
〜活用しよう!異分野融合〜

主催 バイオメカニズム学会(SOBIM Japan)
期日 2017年8月4日(金)〜6日(日)
開催地 芦別温泉スターライトホテル(北海道芦別市旭町油谷1番地)
夜話 テーマ「臨床医が挑む“も・の・つ・く・り”」
講師 鎌田 恭輔 教授(旭川医科大学脳神経外科学講座)

第12回「臨床神経生理技術講習会・東京」

日時 平成29年7月30日(日曜日)9:00〜16:30
場所 東京医科歯科大学(お茶の水キャンパス)
参加費 10,000円
事務局 東海大学医学部リハビリテーション科学 <tel 0463-93-1121>
担当 登坂、松原、児玉
申し込み方法 学会あるいは講習会ホームページより申込用紙をダウンロードし、メール<東海大学リハビリ科 <tokaireha2017@gmail.com>>またはファックス<0463-95-8248>にて、参加希望コースをご連絡ください。折り返し、振込先銀行口座をメールにてお知らせいたします。参加費を振り込んだ時点で申し込み完了となります.脳波コース80名(うち初心者コース30名)、神経伝導検査コース65名(うち初心者コース25名)に達した時点で締め切ります。
講習会
ホームページ
http://square.umin.ac.jp/kan-shin/
学会
ホームページ
http://jscn.umin.ac.jp/
プログラム(一部に変更が生じることもあります)
午前の部(講演) 9:00〜12:00 会場:東京医科歯科大学7号館
神経生理の基本 (受講者全員)
9:00〜9:40 「神経生理学を始める前に」  藤原 俊之(医師)
9:40〜10:20 「神経生理検査のME」 佐野  仁(日本光電)
上記2つの講演は各コースによって開始時間が前後します。
脳波コース
10:30〜12:00 「てんかんと脳波検査」 中里 信和(医師)
神経伝導検査コース
10:30〜12:00 「神経伝導検査の基礎知識」 叶内 匡 (医師)
12:00〜13:00 昼休み(昼ご飯は各自ご用意ください)
午後の部 13:00〜16:30 会場:脳波:東京医科歯科大学7号館、神経伝導:1号館西
脳波検査 アドバンスコース50名(講義) 神経伝導検査コース(ハンズオン)
40名4部門をグループごとに全て受講

@「上肢の神経伝導検査」
 栃倉 未知(医師)

A「下肢の神経伝導検査」
 植松 明和(技師)

B「神経伝導検査の応用」
 山内 孝治(技師)

C「神経・筋接合部の検査」
 木崎 直人(技師)

13:00〜14:00 「小児脳波の判読:発達と脳波」
 宮本雄策(医師)
14:10〜15:20 「成人脳波の判読:正常亜型を極める」
 赤座 実穂(医師)
脳波検査 初心者コース30名(講義)
(これから脳波検査を始める方)
13:00〜14:00 「脳波検査技術の基本」
「技師が教える検査テクニック(ベッドサイドを含む)
 杉山邦男(技師)
14:10〜15:20 「脳波判読の基本:基礎波を読む」
 蜩c浩巳(技師)
神経伝導検査初心者コース25名
(これから神経伝導検査を始める方)
 児玉三彦(医師)
 高橋 修(技師)
脳波検査 全体講義(ビデオセッション)
15:30〜16:30 「救急医療における脳波」
 久保田有一(医師)
16:30 終了予定(受講証の配布) 16:30 終了予定(受講証の配布)

主催:臨床神経生理技術講習会・東京 共催:日本光電株式会社
日本臨床神経生理学会専門医の更新、専門技術師の申請あるいは更新のクレジットになります。


第23回第1種ME技術実力検定試験

■検定試験実施要領■
主催 公益社団法人日本生体医工学会
期日 2017年6月25日(日)9:00〜17:00
試験会場 《札幌会場》北海道大学
《東京会場》帝京平成大学池袋キャンパス
《大阪会場》TKPガーデンシティ大阪梅田
《福岡会場》JR博多シティ
受験料 初回受験者 20,000円
再受験者  12,000円(割引制度が適用の場合)
受験資格 次のいずれかを満たしていること。
(実務経験の有無にかかわらず受験できます)
  • 第2種ME技術実力検定試験合格者
  • 臨床工学技士免許所有者
試験方法 筆記試験で、ME基礎論(午前)、ME機器論(午後)の2つの科目で行います。ME機器論には専門知識を問う選択問題と小論文が含まれます。
※受験しやすくするために「科目合格制度」を導入しています。
申込締切 2017年5月12日(金)必着
問合先 〒113-0033 東京都文京区本郷3-25-4 津久井21ビル3階
      ME技術教育委員会内
ME技術実力検定試験事務局
TEL/FAX:03-3813-5521
e-mail:jimu@megijutu.jp
ホームページ http://megijutu.jp

第23回第1種ME技術実力検定試験と講習会

■講習会実施要領■
東京会場 2017年4月9日(日) 9:00〜18:00 定員200名
帝京平成大学池袋キャンパス(東京都豊島区東池袋2-51-4)
大阪会場 2017年4月9日(日) 9:00〜18:00 定員150名
ナレッジキャピタル(大阪市北区大深町3-1)
福岡会場 2017年4月16日(日) 9:00〜18:00 定員50名
福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区吉塚本町9-15)
札幌会場 2017年4月23日(日) 9:00〜18:00 定員50名
北海道大学(札幌市北区北12条西5丁目)
名古屋会場 2017年4月23日(日) 9:00〜18:00 定員50名
名古屋大学大幸キャンパス(名古屋市東区大幸南1-1-20)
受講料 15,000円(テキスト1冊,問題解説集3冊の計4冊分含む)
対象者 第1種ME技術実力検定試験の受験資格の有無に関わらずどなたでも受講できます。
とくに次の方々にお薦めします。
  1. 病院など医療機関でME機器の使用や保守・安全管理を担当されている方
  2. 会社などでME機器の研究・開発、製造、販売、保守を担当されている方
  3. 学生などでME機器の保守・安全について関心をお持ちの方
申込締切 2017年3月3日(金) ただし、定員に達し次第締め切ります。
■第1種ME技術実力検定試験実施要領■
期日 2017年4月9日(日) 9:00〜18:00 定員200名
帝京平成大学池袋キャンパス(東京都豊島区東池袋2-51-4)
試験会場 2017年4月9日(日) 9:00〜18:00 定員150名
ナレッジキャピタル(大阪市北区大深町3-1)
受験料 2017年4月16日(日) 9:00〜18:00 定員50名
福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区吉塚本町9-15)
受験資格 2017年4月23日(日) 9:00〜18:00 定員50名
北海道大学(札幌市北区北12条西5丁目)

詳細は、http://megijutu.jp/cebe1/cebe1_test.html
もしくは〔PDFファイル〕をご確認ください


第34回日本脳電磁図トポグラフィ研究会(JSBET 2017)
第32回日本生体磁気学会大会

【会期】
2017年5月22日(月)〜24日(水)
【会場】
仙台国際センター(仙台市青葉区)
【会長】
中里信和(東北大学大学院てんかん学分野)
【ホームページ】
http://www.c-linkage.co.jp/isacm2017/
(注)ISACM 2017と同時開催


このサイトは日本臨床神経生理学会内広報委員会 (jscn-kouho@umin.ac.jp) によって管理・運営されています。