日本臨床神経生理学会 日本臨床神経生理学会
トップページ(検索)へ戻る
日本臨床神経生理学会について
役員・委員会・名誉会員
学会誌
学術大会、技術講習会
学会からのお知らせ
認定制度
ガイドライン、委員会報告
学会賞・優秀論文賞
国際臨床神経生理学連合
各種学会・研究会、国際学会・研究会
研究費公募・助成金、募集
外部リンク
会員用サイト
人情報保護について
連絡先、諸手続
更新記録

ガイドライン・利益相反

ガイドライン 利益相反(COI)

磁気刺激法に関する委員会報告

磁気刺激法に関する委員会
委員長: 眞野行生(北海道大学リハビリテーション医学)
委   員: 宇川義一(東京大学神経内科)
梶龍兒(徳島大学高次脳神経診療部)
加藤元博(福岡県保健環境研究所)
河村弘庸(東京女子医科大学脳神経外科)
玉置哲也(和歌山県立医科大学整形外科)
辻貞俊(産業医科大学神経内科)
藤田憲一(杏林大学精神神経科)
町田正文(日本大学整形外科)

   本委員会では,低頻度磁気刺激を治療に応用するときの安全性の基準として,1週間に500回を上限として施行することを提言した(臨床神経生理学28:337,2000.)。
   その後,この2年のあいだに,1Hz以下の低頻度磁気刺激が治療や高次脳機能研究に広く使われるよ うになり,1,500回までの刺激による副作用も,とくに報告されていない。また,世界的な安全基準の指 針でも,安静時閾値以下の強度の場合,1,800発までは安全とされている。
   このような状況をふまえて,本委員会は,安静時閾値以下の強度で,1Hz以下の頻度の刺激に関して は,1週間に1,500回を上限として施行することを提案する。
    なお,高頻度経頭蓋磁気刺激法については,1999年,「脳波と筋電図」第27巻第3号306ページに提 言した通り,Wassermann E M の安全性のガイドラインに則り,各施設で倫理委員会の承認を得て実施 することが望ましいと考える。
   また,予期しない事象例が認められた場合には,従来通り,学会事務局まで報告をお願いしたい。

戻る
ページトップに戻る
 
このサイトは日本臨床神経生理学会内広報委員会 (jscn-kouho@umin.ac.jp) によって管理・運営されています。