日本臨床神経生理学会 日本臨床神経生理学会
トップページ(検索)へ戻る
日本臨床神経生理学会について
役員・委員会・名誉会員
学会誌
学術大会、技術講習会
学会からのお知らせ
認定制度
ガイドライン、委員会報告
学会賞・優秀論文賞
国際臨床神経生理学連合
各種学会・研究会、国際学会・研究会
研究費公募・助成金、募集
外部リンク
会員用サイト
人情報保護について
連絡先、諸手続
更新記録

ガイドライン・利益相反

ガイドライン 利益相反(COI)

磁気刺激法に関する委員会からのお知らせ

   磁気刺激法に関する委員会では、磁気刺激のスタンダードな方法(脳波と筋電図22:218-219、 1994.、脳波と筋電図24:83-84、1996.)、動物実験での安全性(脳波と筋電図26:265-267、1998.)、 臨床での安全性(脳波と筋電図21:76-78、1993.、脳波と筋電図24:229-231、1996.)などについて 検討を重ね、提言を行った(脳波と筋電図27:306、1999.)。

   最近、低頻度経頭蓋磁気刺激法が治療に用いられているが、これに関するガイドラインはない。数年 前に検査のための指針が出されたが、低頻度経頭蓋磁気刺激法を治療に用いることは考慮していなかっ た。低頻度経頭蓋磁気刺激法を治療に用いる時には、安全性を考慮して刺激回数を最大週500回を上限 として施行することが提案され、委員会ではほぼ妥当な刺激回数の上限であると考えられた。これ以外 の刺激のパラメータについては、高頻度経頭蓋磁気刺激法での指針に添って行うことが望ましいと考え られた。
磁気刺激法に関する委員会
委員長: 木村 淳
副委員長: 眞野行生
委   員: 宇川義一、梶 龍兒、加藤元博、河村弘庸、
玉置哲也、辻 貞俊、町田正文

戻る
ページトップに戻る
 
このサイトは日本臨床神経生理学会内広報委員会 (jscn-kouho@umin.ac.jp) によって管理・運営されています。